大阪で地球の未来を考える

あなたは普段、自分たちが生きる地球のことをどのくらい意識しているだろう?普段はなかなか気にしないことですが、地球温暖化やエネルギー問題、食料危機による貧困など、地球上に生きるすべての問題です。そんな問題について考えるキッカケをつくってくれるのが、“ハッピーアースデイ大阪”というイベント。9月15日(日)、7F 街ステーションでは、10月19・20日の本番を前にプレイベントが開催されました。

01 04

華やかに飾り付けられた会場で、ハッピーアースデイ大阪の紹介やアースディ神戸のメンバーを交えた公開勉強会などのプログラムが進められるなか、別のスペースでは風を楽しむ風車づくりのワークショップが行われ、人気を集めていました。

02 03

風車や紙飛行機づくりは、小さいお子さんだけでなく、大人にも大好評。

06 05

アースデイとは、地球環境について考える日として、1960年にアメリカで発案された記念日。今では約184の国で、「地球について考える日」としてイベントが開催されています。アースデイ大阪の開催は、今回で7回目。久宝寺緑地の修景広場周辺で行います。今回、縁活に参加された理由を中心となって活動している相田洋介さんにお聞きしました。

「もっと多くの方にアースデイ大阪を知っていただくと同時に、どんな人たちがイベントを企画・運営しているのか知って欲しくて参加しました。それと、私たちの役割は、参加団体と一般の方をつなぐ場をつくること。縁活を行う場をつくっている近鉄百貨店さんの取り組みに似てるな~って興味もあったんですよ。」

08 07

ハッピーアースデイ大阪の実行委員は、学生がメイン。ハッピーアースデイ大阪2013秋では、「環境に配慮した商品を扱っていること」をマーケットの出店基準に設けたり、ゴミを減らすためにエコ食器を導入したりと、新しい試みを始めるそう。どれも始めから決まっていたのではなく、回を重ねるごとに自分たちで考えて、改良を加えているそうです。

自分たちで、もっともっとハッピーアースデイ大阪を良くしていきたい、実行委員の方たちのそんな想いが、今日プレイベントの様子を取材しただけでも伝わってきました。イベントの最後は、BIG☆NINEさんたちによるゴスペル生ライブ。迫力ある歌声に、その場にいる方だけでなく、上の階の吹き抜け空間でも多くの方が聞き入っていました。

10 09

誰にとっても無関係ではない、地球の未来。気になるけど、何をすればいいか分からない、そんな方はまず、“ハッピーアースデイ大阪2013秋”に足を運んでみてはどうでしょうか?

11

ハッピーアースデイ大阪2013秋

~明日へ紡ぐヒトモノガタリ~
開催日時:2013年10月19日(土)11:00~17:00、20日(日)10:00~16:00
開催場所:久宝寺緑地 修景広場周辺

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>